犬の散歩

犬の散歩を夜にする時の注意点!事故防止グッズも紹介

投稿日:

犬の散歩を夜にする時の注意点

仕事の都合上、犬の散歩がどうしても夜の時間帯になってしまうけれど、注意することってあるの?

といった疑問にお答えします。

 

今までに犬を2匹飼っていたことのあるユキトラです。

仕事で遅くなってしまい、犬の散歩を夜に行っていた時がありました。

 

今回紹介する記事の内容はこちら。

  1. 犬の散歩を夜にする時の注意点
  2. 散歩中の事故を防ぐグッズについて

 

昼も夜もそんなに変わらないだろうと思い、何の準備もしないで犬と夜の散歩へ行くのはオススメできません。

なぜなら、準備をしないことで人に迷惑をかけたり、事故につながる可能性もあるからです。

犬と夜の散歩で何が必要なのか。

それを知るためにも、最後までご覧になって頂けたらと思います。

 

 

犬の散歩を夜にする時の注意点

夜で暗くなった犬の散歩コース

夜で暗くなった犬の散歩コース

注意点としては、以下の4つです。

  1. 明かりになるものを持っていく
  2. 夜道を歩く人や自転車に注意する
  3. 犬を飼っている家の近くを通らない
  4. 不審者に注意する

 

人通りが少なくなるため、他の散歩中の犬や歩行者に吠えたり飛びかかるといった心配はなくなります。

しかし、人通りが少ない時間帯だからこそ、トラブルや危険なことが増え、注意が必要となります。

 

 

明かりとなる物を持つ

懐中電灯や反射タスキなど、明かりとなる物を持ったり付けたりしないといけません。

なぜなら、夜の時間帯は暗くて前がよく見えず、何かにつまづいて転んだり、自転車や車との接触事故が起きる可能性があるためです。

ユキトラ

実際、明かりを持たずに犬の散歩に出かけた私は、工事中だった道路の排水溝に足を取られて転んだことがあります(汗)。

ただの擦り傷くらいでしたが、痛みは4、5日消えませんでした。

 

疑問に思う女性
街灯があるし、懐中電灯とかいらないのでは?

と思っていると、私のように予想できないことで怪我をする可能性がありますので、必ず明かりとなる物を持っていきましょう。

 

夜道を歩く人や自転車に注意する

夜が人気のない時間帯だといっても、全く人がいない訳ではありません。

仕事が終わってからジョギングをする人や、自転車でコンビニへ向かう人もいるでしょう。

 

夜は人も歩いていないだろうし、リードを短く持たなくてもいいだろう

なんて考えて、リードを長く持って散歩していると、とっさに出てきた歩行者や自転車に対応できないこともあります。

 

ですから、夜だからといっても気を緩めず、周りに歩行者や自転車がいないか気を付けながら散歩をしましょう。

 

 

犬を飼っている家の近くを通らない

犬を飼っている家の前を通るだけで、そこの犬が吠えてしまい、犬の鳴き声によって迷惑をかける可能性があります。

 

疑問に思う女性
夜だから犬も寝てるだろうし、別に大丈夫じゃないの?

昔は私もそう思っていましたが、実際に私と犬の気配に気付き、近所迷惑レベルで吠えられたことがありますので、絶対大丈夫とは言い切れません。
ユキトラ

 

全ての犬が、散歩しているあなたと犬の気配に気付いて吠えるとは限りません。

しかし、夜中に愛犬が吠え続け、眠りたいのに起きてしまう。

そういった経験は、飼い主さんであれば誰でもしたくないはずです。

 

ですから、夜の散歩では迷惑をかけないためにも、犬を飼っている家を把握した上で、散歩ルートを変更しましょう。

 

 

不審者に注意する

夜の時間帯には、不審者が出没する可能性もあります。

昼間と違い、夜は人気が少ないため、危ない人が近づいてくるかもしれません。

特に、飼い主さんが女性の場合は細心の注意が必要です。

 

  • ジャーマン・シェパード・ドッグ
  • ド―ベルマン
  • シベリアン・ハスキー

こういった大型犬を連れている場合は、大型犬が怖くてうかつに近付こうとする人は少ないかもしれません。

 

しかし、

  • チワワ
  • トイプードル
  • ミニチュア・ダックスフンド

といった小型犬を連れている場合、犬嫌いでもない限りは全く怖くないため、トラブルに巻き込まれるかもしれません。

 

もし、散歩ルートが人通りの少ない所であるならば、少しでも人通りが多く、明るい場所を選んで散歩するべきです。

 

 

安全に散歩するための事故防止グッズ

暗い道を照らしてくれる懐中電灯

暗い道を照らしてくれる懐中電灯

先述したように、何も装備しないで夜に犬の散歩へ行くと、危険がつきまといます。

ですから、散歩中の危険を回避するために、事故を防ぐためのグッズを飼い主さんが持つことは必須条件です。

 

ここでは、危険を回避するための事故防止グッズを紹介していきますので、参考になさってください。

 

 

懐中電灯

明かりを照らすのに最も一般的なグッズと言えるでしょう。

夜の散歩以外でも、キャンプ場や災害時にも使える物なので、最低でも一個は所持していた方が良いです。

 

 

反射タスキ

夜をパトロールしているおじさんなどがよく付けている物ですね。

これを付けると、「恥ずかしい!」と思う人が結構いるようなので、付けない人の方が多いかもしれません。

 

しかし、車を運転する側からすると、歩行者がこの反射タスキを付けてくれることは、かなりありがたいです。

反射タスキを付けている人に近付けば、光の反射で「誰かが歩いているな」ということがすぐ分かるため、事故を防ぎやすくなるからです。

 

ですから、夜でも交通量が多い道を散歩コースにしているという方は、安全のためにも、この反射タスキを付けることをオススメします!

 

 

犬用の光るLED首輪

文字通り、光る首輪です。

飼い主さんだけ明かりを照らす物を持たせても、愛犬の方に何も付けていない場合、自転車やドライバーからは、犬の存在が分かりません

そのため、夜の散歩中、犬が事故に遭ってしまうということもあるようです。

 

ですので、事故を防ぐためには、飼い主さんだけではなく、愛犬にも明るく光る物を付けるべきでしょう。

 

 

防犯ブザー

今まで紹介してきたグッズは事故防止の物でしたが、今回紹介するのは防犯用のためです。

使わないで済むのが一番ですが、万が一ということもあります。

犬の散歩は夜によく行くという人は、ご自身の安全のためにも、この防犯ブザーを持っていくべきです。

 

 

まとめ:夜の散歩は懐中電灯などを持ってから!

夜の時間帯は人気がないため、他の歩行者や散歩中の犬に気を使わないで済むため、のびのびと散歩する人も多いかもしれません。

しかし、だからといって、何も持たずに行くと、事故に遭ってしまう可能性があります。

例え面倒だと思っても、飼い主さん自身と愛犬の安全のためにも、明かりとなる懐中電灯などを持って行くようにしましょう。

 

-犬の散歩
-

Copyright© もふもふライフな日々 , 2019 All Rights Reserved.